日蓮宗 妙立山 大法寺|愛媛県松山市本町5丁目4−1

大法寺


大法寺は、天文3(1534)年に妙立院日芸上人により創立されました。

日蓮宗大法寺

大法寺本堂

慶長8(1603)年に、松山城主 加藤嘉明公が松前の筒井から松山城へ移封のさい、これに伴い松山の山越へ移転されました。

しかし、隣寺の火災により類焼し、樋又に移りましたが、明治初年、現在地に移転となりました。

昭和20年7月の松山大空襲により、すべてを焼失してしまいましたが、第29世 遠明院日詮上人が、鉄筋コンクリートの本堂を再建すべく、布教活動に専念し、苦節18年、現在の大本堂が完成いたしました。その後、山門・日親堂等の諸堂をすべて整えて現在に至ります。

また、大法寺境内墓地には、南画家「吉田蔵澤」のお墓があります。
吉田蔵澤の墓

お知らせ

五段守・新入学児童祈祷

五段守 全世界の人題には、御仏の広大無辺な御慈悲により・霊光(仏種)を持って生まれてくると、お釈迦様は説いておられます。ところが、死霊・生霊・野狐・厄神・呪詛の五つの霊障(元品の無明)により、人間の全ての幸福を握る霊光に …

五段守・新入学児童

星祭守・六三除・交通安全祈祷・特別厄除のご案内

開運星祭りのご案内 星祭りは各人毎年の年廻りの星をお祭りする宗門の大切な行事であります。 これは九曜尊星中の各人当年の尊星をお祭りして、悪しき星廻りの人は災いを除き幸を得せしめ、善き年の人は更に幸運を増し、共々に信仰の力 …

五段守・新入学児童
PAGETOP
Copyright © 日蓮宗 妙立山 大法寺 All Rights Reserved.